にきびを予防するためには、毎日の洗顔に気を配るだけでも効果が期待できます。シンプルな話ではありますが、洗顔方法を再確認することが、にきびケアでは欠かせません。ティーンエイジャーに多いにきびと、成人してからのにきびは、それぞれ理由は違っていますが、どちらも洗顔によって予防が可能です。こめかみ、額、鼻などのTゾーンは、若いころのにきびがよくできる場所です。特徴は、油分の分泌が特に多いところです。皮脂の分泌が多くて毛穴で詰まってしまった時に、アクネ菌という菌が増えてしまい、皮膚を刺激してにきびをつくります。大事なことは、毛穴の目づまりが起きないように、朝と晩に顔をよく洗うことです。大人にきびができてしまう主な原因は、古い角質の蓄積と肌の乾燥です。新陳代謝が悪くなった皮膚は、古いままずっと皮膚の表面に留まっているようになり、毛穴に覆い被さるようになります。毛穴が塞がると、そこでアクネ菌が増殖し、皮膚に炎症を起こすようになりますので、にきびがふえてしまうという仕組みです。大人のスキンケアは、メイク落としを十分に行うことも大事です。朝と晩の洗顔ケアと、お肌に負担をかけないようなクレンジングを心がけましょう。効果的ににきびを予防するためにも、自分の肌質に合わせた、にきびケアにいい成分の入った化粧品を選びましょう。洗顔後のお肌は乾燥しやすい状態になっていますので、十分に顔を洗い終えた後は、化粧水やクリームで肌をケアしてください。おしゃれな誕生日の花ギフト